MESSAGE

ジャックインザボックスからのメッセージ

尼崎で何か面白い事は無いかと考えた末、面白い事を自分達で創造すれば良いのではないかという結果に辿り着き、尼崎で今後10年、20年続くイベントになるよう、

常に皆さんへサプライズを!!
地域に根ざした野外フェス!!

をコンセプトに立ち上げた野外イベント。

それが”Jack in the Box”(ビックリ箱)。

尼崎市での入場無料の野外フェスとして2011年に産声を上げたJack in the Box。
第1回は尼崎市の猪名川公園で開催しました。

2011年の初回イベントは第1回にも関わらず、1,500人もの方々にご来場頂くことができました。
2012年の第2回目は場所を園田競馬場に移し、3,000名もの方々にご来場頂くことができました。

沢山の方のご厚意、ご理解、ご協力のお陰で大盛況で終えることが出来ました。

ありがとうございます。

開催を楽しみにして下さるご来場者の方々をはじめ、Jack in the Boxに関わる全ての方々に心より感謝いたします。

Jack in the Boxは運営に関わるスタッフのほとんどがボランティアです。
20代から40代の地元の『尼崎が大好き、楽しいことが大好き、地元で面白い事をやりたい人達』が中心となって集まり、会場内の出店誘導、会場設営から撤収作業、清掃までの運営に関わるほとんどの役割をボランティア、ジャックインザボックススタッフが行なっています。

そして尼崎市を中心とした地元の参画企業、協賛店舗、地域商店の皆様、地域を盛り上げて下さる地元の皆様、Jack in the Boxの活動に賛同して下さる皆様のご協力やご意見を頂きながら、企画、制作、運営、演出を行なっています。

そして、開催当初からのJack in the Boxの大切なコンセプト、スタッフの合言葉でもある

『常に皆様へサプライズを!!地域に根ざした野外フェス』

を目指し、これからも皆様に愛される野外フェスを続けていきたいと考えています。

Jack in the Boxは決して潤沢な予算のあるフェスではありません。
しかし、Jack in the Boxや地域活性の為なら決して労力を惜しまない最高のスタッフ達、尼崎市の地域住民の皆様のご協賛、ご理解、ご協力、そして地元や遠方からJack in the Boxを楽しみにご来場して下さる最高のオーディエンスの皆様のエネルギーで、今日まで続けさせて頂きました。

今年も『最高の野外フェス』を尼崎スポーツの森という素敵な空間を皆様と一緒に共有できる事をスタッフ一同心より感謝し、そして皆様にお会いできる事を何よりも楽しみにしています。

夏に尼崎スポーツの森でお会いしましょう。

Jack in the Box実行委員会 スタッフ一同